白内障のページ。メディカルスクエア南平岸の眼科なら、いなとみ眼科

電話をかける
混雑状況確認
白内障

白内障 cataract

白内障とは

白内障とは、目の中の「水晶体」と呼ばれる部分が濁ることにより、ものがかすれて見える・見えづらい、光がまぶしく感じる、色の区別がつきにくい、といった症状が起こる病気です。水晶体はラグビーボールのような楕円形で、眼球の前側にあります。角膜から入ってきた光を集めてピントを合わせる、カメラのレンズのような役割を果たしています。
ところが、加齢や糖尿病、喘息、アトピー性皮膚炎などさまざまな原因で水晶体が濁り、光が乱反射してピントが合わなくなり、目がかすむ、視力が低下するなどの症状が起こります。

白内障の治療法

白内障は、進行しても手術によって視力を回復させることができます。
早期に治療を始めれば進行を抑えることもできますので、見え方に違和感があればすぐに受診しましょう。治療方法は、以下のように進行段階によって異なります。

軽度の症状の場合

白内障の初期段階は、軽い症状が見られます。

日常生活に影響しない程度の視力低下や目のかすみが見られるくらいなので、加齢や疲れ目が原因だと思い、白内障と気づかずに過ごされる方も多くいらっしゃいます。

眼科では点眼薬を使って白内障の進行を抑える治療を行いますが、点眼薬を使っても水晶体は透明に戻すことはできません。そのため、この段階の治療は白内障の進行を遅らせるための対処療法に過ぎません。

生活に支障をきたす場合

白内障が進行すると、より見えづらくなります。

この段階になると、濁った水晶体を超音波で砕いて除去して、水晶体の役割をする眼内レンズを挿入する「超音波乳化吸引術」という外科手術を行います。白内障が進行して硬くなってしまった場合は、水晶体を砕かず取り出して眼内レンズを挿入する「水晶体嚢外摘出術」を行うこともあります。

手術で視力は回復しますが、ピント調節ができないため、術後は眼鏡などによって視力を矯正することもあります。

白内障手術の流れ

step1手術前の検査・ご説明

手術前に目の検査を行い、現在の目の状態や治療方法についてわかりやすくご説明します。ご本人だけでなく、希望される場合は、ご家族もご一緒に説明を受けていただけます。ご不明な点は遠慮なくお尋ねください。

step2手術のためのご来院

手術当日は、ご来院後に回復室にお越しいただき、手術の準備のために点眼などを行います。なにか不安なことやわからないことなどありましたら、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

step3手術

患者様の負担をより少なく、安心して手術を受けていただけるように、痛みの少ない麻酔方法などを導入しております。術前・術中にはしっかりと消毒を行い、感染リスクを抑えておりますのでご安心ください。

step4手術の終了とご説明

手術後は、回復室でお休みいただきます。お身体に問題がなければ、手術後の生活上の注意点や、今後の通院スケジュールについてご説明いたします。当院の白内障手術は日帰りで行いますので、入院の必要はありません。

step5手術後の検査

再度ご来院いただき、術後の目の状態について検査いたします。なお、通院頻度については患者様によって異なります。詳しくは術後にお伝えいたしますので、都合が悪くなったなどありましたら、当院までご連絡ください。

白内障手術の注意点

手術の当日

ご来院いただきましたら、眼圧を測定して麻酔薬を点眼した後、手術を開始いたします。
手術は5~10分ほどで終了いたします。手術後は回復室で静かにお休みください。術後の注意点や過ごし方、検診などについてご説明いたします。

手術の翌日

手術後の目は清潔を保ち、洗顔は控えて安静にお過ごしください。また、医師の指示通りに点眼薬をお使いください。術後に眼内炎を発症すると、急激に視力が低下することがありますので、見え方に違和感があったらすぐにご連絡ください。

▶術後3日間

術後の3日間は、細菌感染に注意して生活してください。洗顔や洗髪は控え、顔は濡らしたタオルで拭く程度にして、目を刺激しないようにします。細菌が眼球に入ると、細菌感染を起こして強い痛みや充血を起こし、急激に視力が低下することもあります。手術翌日からは首から下だけ入浴しても構いませんが、目の中に水が入らないように注意しましょう。

お顔全体のメイクやアイメイクは、術後1週間までお控えください。読書やテレビを見るなど目を使う作業は、手術当日から行えますが、眼帯を外さず、目が疲れない程度にしておきましょう。